GOODS

オススメの一本 – sekiguchi –

こんにちは、sekiguchiです。

 

私からのオススメの一本はこちら。

DSC_0063

1955’s ROLEX PRECISION (SWISS)

 

人気の高いROLEXは、1905年にロンドンで創業したスイスの時計メーカー。

その中でもPRECISIONシリーズは、手巻きの精度の高いモデルを指します。

 

このモデルの特徴は、何と言っても

文字盤を包み込むようにつくられた、四角く小ぶりなキャンディー型のケース。

ハードなメンズも作りながら、こんな小ぶりで可愛らしいモデルが生まれるなんて

うっとりしてしまいますね。

当時、一体どんな人がデザインし、作ったのでしょうか。。

DSC_0055

ケースの素材は9ct goldでつくられ、柔らかなゴールド色をしているため、ギラっとせず、肌に馴染みやすいんです。

シンプルなお洋服に合わせて使いたくなります。

DSC_0050

現在、ROLEX社では、手巻きの製造はしておらず

全てが自動巻になっているため、貴重な一本です。

 

 

 

また、アンティーク時計で忘れてはいけないのが

オーバーホール(メンテナンス)と修理などのアフターケア。

 

ご購入後のオーバーホールや修理は、すべてお任せ下さい。

eimekuでは、日本で指折りの時計修復師さんにすべてお願いしております。

朝から深夜まで時計の修復に没頭し、いつ相談の電話をしても笑顔で対応してくれる

そんな素敵な方です。

私たちが大切に買い付けてきた時計を、ゴットハンドで甦らせてくれています。

 

eimekuでは、今出来る最高の状態でオーバーホールをしてお客様にお渡ししておりますが

購入してしばらく使用していると、時間が遅れたり、落として針が取れてしまったり…様々なことが起こりうるんです。

そもそも年代が古いものなので、いつかは部品の劣化がおきたり

不注意で落としたり濡らしたりしてしまうことは、仕方がないこと。

ただ、その「アフターケア」ができることが大事なんです。

 

また、機械式の時計の中身は、接着剤などで固定されているわけではなく

くしゃみをしたら飛んでいってしまいそうなほど

いくつもの小さなパーツ同士が100以上も重なり、時を刻んでいます。

そのため、何かの衝撃で組み合わせがずれてしまったりすることもあります。

 

繊細で精度の高い時計と言われていても

基本的に、アンティーク時計はデリケートなものが多いんです。

 

繊細な時計だからこそ

皆さまに安心してお使いいただけるよう

できる限り全力でサポートさせていただきます。

 

どうぞ安心してお使い下さい。

 

 

seki