GOODS

Summer Vintage & Antiques Fiar  7.20(sat) – 25 (the)  @kodaira

コダイラです、みなさまいかがお過ごしでしょうか

今年の梅雨は本当に長い..

身体にカビ生えそうで、もう曇り空は勘弁ですよね..

35度あってもやはり晴れた夏が見たい!!

 

先週ようやく到着し、絶好調インドプロダクト、その他夏物服飾雑貨が出揃ったエイメクの夏に

急遽新作のアンティーク時計、ビンテージジュエリー、雑貨が入荷

 

更に更にここでプレミア過ぎるゲスト『素敵眼鏡MICHIO』代表ミチオが参戦!!(ミチオの在廊は7.20土-21日)

眼鏡と会話が出来る彼はエイメクのお客様の好みを瞬時に判断する

MICHIOの今のジャッジは夏用サングラス!!

 

時計、ジュエリー、雑貨を中心としたヨーロッパ仕入れのエイメクアンティーク

素敵眼鏡MICHIOを加え

イタリア仕入れ、日本発上陸のワイン達、それに伴う最高のツマミも探し当て、

皆さまにお届けするファン感謝祭、楽しみすぎます

 

スカッとイタリアの夏空へ誘うイベント、商品以外の詳細ご案内です!!

 

 

Scansano – Italy

 

ワインにアンティーク…

ワインボトルにツリー…

こういったイベントを仕掛けたかった背景は実はこんなところに

アンティーク屋さんにビンテージワインも販売する、こういった風景が日常に流れるイタリアグロッセート県、

ワインの産地スカンサーノでの一風景を目の当たりにし

日本でもお客様が喜びそうだね…

いつかやってみようかとスタッフに夢を持ちかけ実現させるのが私たちの大事な仕事

 

2019年1月、日本での古くからのクルマや人生勉強の師匠に急遽持ちかけられたイタリアへの出張

アンティークの蚤の市など回る私たちとは全く違う仕入れの現状は驚かされることばかり

 

ワイナリーに到着するやいなや、様々な銘柄を試飲

年間200本程ボトルを開ける私もビックリ、舌が今までに感じたことのない驚きの反応

日本で飲む物とはまるで違う生きているブドウ達がそこにいるのです

 

味の決め手を握るバリック

熟成期間、大きさ、以前の使用のエキスすら未来へ新たな味を生み出す要因となる

 

ワインには何と言ってもマリアージュ

何のおつまみと化学反応を起こすのか

 

バイヤーは日本のおつまみを思い浮かべ脳内変換しながらバイイングを決める

ディーラーも日本市場に持って行きたいがこれらは全て年間生産数がごく僅かに限られているもの、ストーリーをも大事に伝えられるもの、ここが絶対的な条件となる

ここはeimekuの買い付けも同じと言える

 

商談はどうやら終わったよう

 

日本では味わえることのできない最強ワインをたらふく頂き

背中に羽の生えた浮かれぽんちエンジェル達もすぐ製造する事ができます!!

 

 

今回の旅で皆さまに振る舞うため選んだ厳選ワイナリー2社

VILLA PATRIZIA

1968年創業

BIOワインの製造を親子2代で手がける

 

 

 

裏情報を一つ

ヴィラパトリツイアイケメン若旦那は独身…

 

日本でも近年高騰化を続ける、モンテクッコ産DOCワイン

こちらのワインはモンテクッコ、スカンサーノの両方の産地を記する事が許されるワイナリー

トスカーナの粘土質、石灰質の土壌から生まれる味わいはこの土地の歴史を感じさせます

 

ロゼはとにかくめちゃくちゃ冷やして!!

赤はトスカーナらしいサンジョベーゼ、チリエジョーロ中心にお肉にしっかりと相性良し

すぐ飲むも、10年ほど寝かせて飲むのも適しています

 

 

 

CASAVYC 

試飲した舌は間違えなくカルトワイン(少量生産、超高値、高評価)に値する1品であった

 

ワイナリーオーナー、クラウディオは40代から究極のワイン作りの夢忘れられず自家農園を購入し創業

トスカーナ伝統のぶどう品種には拘らず、ピノ・ノワール、ソーヴィニョン、シラー、を積極的に使用

トスカーナでは今までありえなかった組み合わせにより、伊仏同盟が完成し

スカンサーノ海抜600m、絶妙な塩気、ミネラルを存分に含んだ土がフレンチワインとは全く異なる唯一無二の味となる

私が個人的に推したいのがロゼワインのVEDOROSA

 

何にでも合わせやすく

グラスには宝石を見ているかのような輝き

日本でも近年、来る気がします

めちゃくちゃ冷やして

キャンプ場、海辺、にて目を閉じるともうそこはイタリアなのです!

 

チーズ工房アドナイ

https://adonaicheese.stores.jp

instagram    table_of_grace_adonai

 

北海道、オホーツク海に面した小さな町、興部町にある家族経営のチーズ工房

ヨーロッパの農家がつくるチーズをお手本に、1996年以来独自の製法でチーズをつくり続けています

7.20(sat) -21(sun) eimeku/ 姉妹店 Blauberg an der kuste にて最高のマリアージュをお届けする為

紋別からスペシャルゲストも来京。

場所がまた凄い!! グーグルマップにて検索してみてください

こちらもまた皆さまに味わって欲しい品々です

*姉妹店 Blauberg an der kuste ではアイスバー、ヨーグルトドリンクなどもご用意します

 

.

商材など全く載せるコマもないまま興奮してお伝えしてしまいました。

7.20(sat) は六角橋ヤミ市も予定されており、天気も大丈夫そうで盛り上がる白楽が予想されます

スタッフ一同皆さまにお会い出来ること楽しみにしております   

 

 

kodaira

 

 


 

お店の最新情報は—instagram—でどうぞ

TEL : 045-434-8038

D.M (instagram)でもお問い合わせを受け付けております。