COLUMN

番外編 サヨナラバイバイ…sakaiの一人旅 -トルコ編-

こんにちはsakaiです。

夏休み日記ということで、コラムを書かせていただけることになりました。

 

8月中全くお店に立たなかったもので、あいつもしや、消えたのか??

となっていた僕ですが、

実は、約一ヶ月の一人旅に出ていました!

 

一度も日本から出てなかったこともあり、

まわりの友達から海外に行った時の話を聞くと

もう行きたくて。。

迫る好奇心からは逃れられなかったです。

 

一人ではなかなか踏み出せない航空券探しも、

心強い旅のマイスターがeimekuには、たくさんいます。

 

世界中駆け回るオーナーとの、夜な夜なミーティングから始まりました。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakai  ”なんとかなりますっっっ行かせてくださいっっ!!!”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラ元気な言葉しか出てこない自分に

余計に心配をさせてしまったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

owner  ’’お前本当に大丈夫かっっ??

本当に行けんのかっっっ????’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakai ’’大丈夫っす!! オーナー、チケット取っちゃってください!!!!’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探したチケットが、劇的に安く、これを逃したらもう他はないのでは??

せっかくの長い休みを、無駄に使うことはしたくない。。

旅の運命を決める航空券探し。

探しているうちに、アツくなる二人。。。

 

 

 

大丈夫か、と連呼していたオーナーとの夜中2時まで続いた会議がいまでも鮮明に。

 

 

そんな航空券探しに付き合っていただいて、勢いあるままブッキング完了!

 

 

 

 

成田→トルコ、トルコ→ウィーン、フィンランド→成田

 

 

 

 

どうせなら、と、まだオーナーも未踏の地であるトルコに行ってみないかとなり、

ターキッシュエアラインでブッキング。

ギリシャといい、シリアといい、ご近所の国はいささか機嫌が良くなさそうですが

いったいどうなることか。

この時はまだ自分が旅立つ実感がなく、他人事のように感じていました。

 

 

sekiさん、suuさんには旅の本をお借りして、

okamoさんに英語をレクチャーしてもらい、

yamashitaさんにはカメラと、、、変圧器をお借りして。

揃えていくうちにだんだんらしくなっていき、

声をかけられるたびに、ああっそうか俺が行くのかっ、と気付かされる。

 

みなさんにたくさん託してもらって、背中を押していただいた気持ちです。

先輩スタッフ、声をかけていただいたお客さまにたくさん感謝して。

 

 

 

 

 

sakai、日本をサヨナラバイバイ!!

 

 

 

 

 

20150729 NRT→→→TR

 

 

 

 

turkey04

 

 

 

Turkish Airlines

 

 

 

 

降り立った初めての海外、

初日トルコが、途中ウィーンで食べたザッハトルテよりずっと濃厚で、自分は甘々で、、

神様仏様、どうか僕にハプニング大賞を。。

濃厚な五日間を味わいます。

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパと出来ればアジアにもいきたいというわがままを通した結果、

トルコというチョイス。

そこからヨーロッパを北上、最終地フィンランドへ向かいますが

事前にとったのは、行き帰りの飛行機だけで、

宿も途中交通手段も現地で手配するというルールを

オーナーと事前に締結。

 

いくつかのシンプルな約束事。

 

1、買ったばかりの相棒、sakai pad mini3 は連れて行かない。

2、ネットが使い放題の今、極力使用を避ける。

3、ジャンクフード、禁止。

4、とりあえず、楽しめ!!!

 

思えば、今まで外人さんとお話しした記憶がない。

僕の英語力は、これで察していただければ、、、幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

満喫した空の旅、イスタンブールまで約12時間のフライト。

日本より少しムシムシしていて、どよっとした空気は、トルコ独特なんだろうなと感じさせます。

ひとも、すごくなつっこい。

目が合ったと思った直後に接近してきたり

電車でも、気軽に声をかけられたりと

ビビりまくり、挙動不振な様子がおさまらなかったですが、

だいたいどのあたりに行けば良いのか聞いたりして、とても助けられました。

 

 

 

初日の宿探し、シャワーも浴び、すでに夜中と言えど初の海外ということもあって

興奮で寝付けず、ブルーモスク周辺を徘徊しに。

ライトアップされているブルーモスクは日中の姿とは別物、

多くのひとが夜の姿を前に広場でくつろいでいます。

人に紛れてその姿に魅せられていると、

スペインの建築家と名乗る若い兄さんが話しかけてきます。

 

彼の名は、、カルロス。(おそらく)

彼の名前は、一生忘れない。。。

 

ケバブを食べながらお互いどこから来たとか、何しに来たとか

話した後、飲みの誘いにあえなく承諾。

行き先も分からないけど、とりあえずついていくことに。

 

 

乗るかどうかとても悩んだけど、よくよく考えたら、なぜ乗ってしまったんだ、タクシー。

連れて行かれる気満々、むしろ連れて行って下さいと言わんばかりに自然に乗り込む。

事件はすでに始まっていたようです。

 

 

 

 

 

 

ついたのは、トルコの人々が集まる大通り。

夜中でも人がとても多いので、祭りに近いようなところでした。

turkey15

お、良いところに連れて来てくれたんだなあと、ちょっと感動して、街を歩き始めます。

ガヤガヤしたところで、チャイを一杯。

トルコの人々は外でお酒を飲まないので、みんな基本的に穏やかです。

少年にお絵描きさせて一緒に遊んでいると

カルロスがそろそろ飲みにいこうと声をかけます。

え、ここじゃないの?と一瞬思う。

 

 

 

 

 

 

turkey03

turkey09

 

 

 

 

 

連れて来られた店は、

ほとんど馴染みのないブルーライトに照らされた店内、

ガラス越しに見える踊り場で踊るお姉さん方がいる店。。

あらら、、一杯のんで早々にもーどろなんて思っていたんですが、

席に着くなり、半ば強引にお酒飲まされ、おかわり、、アラ、いい気分、、、、、、

 

 

 

 

 

 

調子に乗ってしまったらしく、

何杯飲んだのか、いまとなっては記憶なく、

会話にすらなっていなかったんじゃないかぐらいの話しをしながら

一緒にきたカルロスにチェックしようと告げ、席から立ち上がろうとしたところ

伝票がきたところで、一度席に座るようレクチャーを受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(チラっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんっっっっっっっっっ????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっ、まるが、、、多ぐね、、、、、、、、?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予想していた金額に○が二つ、余計に、ついてました。

おおお、、ちょっと、まった、、一瞬の出来事に理解できず冷静になろうとする

やや、待った無しにカルロスが横で何かを自分に訴えている。。。。

そこからごちゃごちゃ揉め合い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G ”これはちょっと、、、、、、、、、、違うでしょ!!!!!!”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K ’’ユー、お酒飲んだやん!めっちゃ楽しんだやん!!!!!!’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G ’’たっ楽しんだけどさ、、、これはちょっと、、、、、、、やりすぎやん?’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここだけの話、だいぶ圧されてたんですが。

お互いなかなか引き下がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから数分後。さあさあ。いらっしゃいました。特別ゲストの入場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テカテカのジェルで髪の毛ビシッ!!

闘う前のボクサーのような眼、オイルどのくらい塗っているの?顔までテカテカ。

オーナーさまの入場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O ’’(笑顔)ユー、カモン。’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S  ’’ヤー。オッケー。(笑顔)’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏口に連行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏口には体つきの良い男二人、強面オーナー、腕を掴んで連れて来たカルロスと自分。

払えないんだけど、払わないといけない空気。

 

 

 

 

 

 

 

そして言いたい事をぶつけまくってくる二人。

カルロスに関しては、今まで味方してくれていたのに、

すっかり裏の顔に様変わりしています。

 

 

 

。。。飲んだのは、確か。楽しんだのも、、、、、確か。でも全額は払えない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G ’’話しが、違うやん!!

払うなら(カルロス)自分も払えや!!!!!!!、、、、、多めに’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K ’’クレイジーか??お酒結構のんだやん!ユーめっちゃたのしんでたやん!!!”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またそれ言っちゃう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでもお互い引き下がらない。

まあ、、負けていたんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶアツくなり、オーナーがファイトサインを出し始めた頃にストップ、

とりあえず、、どうすれば良いんだと、もう一度確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”カードを、出せ。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G ’’・・・’’

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーさまの目が、、、結構ガチで。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。逃げ続ける草食動物、これまでか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

降伏を決意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白旗の少年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sakai、異国の地にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がついたら、目の前にはどこかで聞き覚えのある光景。

 

 

聞き覚えのある、マシーン。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フ、フラッシュバック。。。。。。。。。。。。?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・お時間が許すのであれば・・・

横浜にあるSelect Shop ”eimeku” のHP

Column 2009 春 イングランド、チェコ、ハンガリー買付け後記

の記事を一読していただけますでしょうか。

どうぞ、、、宜しくお願い致します。・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け継がれるeimekuの歴史。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナー、僕は、、¥90,000でした。。。汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後無事に、釈放されました。

今思えば、命があっただけ本当によかった。。

そのくらい、危ない空気が漂っていたのも確かで、

人生経験だな、一回くらい騙されといた方が良いよ。

帰り道に必死に自分を慰めますが、気の落ち様が尋常じゃない。

降り立って数時間、異国の洗礼、おそろしや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道が分からない。

タクシーで連れて来られたんだった。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初の海外、初日の入り方は、良くも悪くも、インパクトの大きいものでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、トルコ人に話しかけられるのが怖く、

人間不信にほぼ陥っているくらい気の落ちてしまっていた数日間は、

イスタンブールをさまようように歩き、

そしてイスタンブールを離れ、世界遺産であるパムッカレの石灰棚を見に行ったり

トルコの美しい建造物と街並み、出会う温かい人々に慰められていたようでした。

 

 

 

 

turkey06

turkey02

turkey07

turkey11

turkey14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだんと気持ちに余裕が戻って来た頃に、もう二度の失態を犯したくないと思い、

カモネギを見破られた原因を挙げていきました。

 

 

 

話はもちろん、、、見た目から入られたよな〜。。

すこしこなれた感のある服装と髪型、、、、、髪型!!!!!

 

 

 

 

それだ!髪だ!!!

 

 

 

 

出発前に、美容師のお客さんに、海外であまり手入れが要らないようにと、

パーマをあててもらっていました。

とても気に入っていたのですが、異国で変な意味でモテてしまった。

このままでは、、、、いられないよね。

 

 

 

 

よし、髪を切ろう!!!

 

 

 

 

 

 

残りの三週間をウジウジしたままで過ごす訳にはいきません。

最終地フィンランドまで、ドロップアウトする訳にはいけないんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、始まりました。町歩き、床屋探し。

途中、ケバブをつまみ、ごまつきパンのシミットをつまみながら。

 

 

 

 

 

 

おっ

いい感じの理髪店を発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れるように来店、価格交渉、、35TRY、、1,500円、、OK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

turkey10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ちょっと待ってください!!!

最後までご覧になる前に、どうかブラウザは閉じないで。。。。。

 

 

 

 

 

芸人さんに、たしか、、なんとか2700って、いらっしゃったよね。。バンダナ巻いた。

 

 

 

セサミストリート。。

 

 

 

 

 

J Soul Brothers 、メンディ。。

 

 

 

 

 

 

 

ほか、候補あれば、是非お伝え下さい。

ドシドシお待ちしております。

 

 

 

 

目立ちたくなくても目立つ、むしろ存在感を放ちたい方に、

sakaiのターキッシュカットをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、電車内で小さな男の子に親指をグッとたてられ、

慰められたのをきっかけに、もうワンカットすることを決心。

二度目の散髪姿は、いきたかった研修旅行のsakaiクイズにも登場したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

turkey08

turkey13

turkey05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五日間のトルコ

喜怒哀楽が激しく、そして濃密で、

半年くらいいたんじゃないかと思うほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・トルコカットは、僕には早かったのか、

それとも、時代待ち。。。。。。??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづきます。