COLUMN

2017.10.02 – 10.18 – Kodaira – 買い付け後記 Netherland-Germany-England

 

皆様こんにちは

10月に渡航したヨーロッパ各国よりインポートした300kgに及ぶビンテージスタッフ達がようやく日本に到着し、

店頭ディスプレイを終え今週より皆様にご紹介の機会を設ける事が出来ましてホッと一息ついております

画像を交えて今回の旅を簡単に振り返って見たいと思います

 

STUTTGART INTERNATIONAL AIRPORT(STR)

カタカタ回りながら、行き先、便名が変わる案内板がたまりません

久米さん黒柳さんが頭の中に登場しながら『コダイラさん、ヨーロッパ到着おめでとう~』と祝福を受けているかの錯覚

欧州ならではクラシックな案内板を見る事が、歴史あるヨーロッパに上陸したなと感じられる一幕であり、自然と気合が乗ってきます

この時期の買い付けはとてもシンプル

エイメクの迎える一大クリスマスイベントに備え、ギフトアイテムにテーマを絞りバイイング。。。。

。。。ですが、近年姉妹店ブラウベルグ用のリクエストも増えるばかり

キラキラ光る、ビックリマンチョコのヘッドシールみたいなレア物ばかり見つけてこいと言われます。。。

こうやってどんどん帰国が伸び、訪問国も増えていくのでしょう。。。汗

さて、愚痴を皆様にもこぼした所でコラムに戻りましょう、今回限られた日程で旅程を組んでみました

ベルリン,アムステルダムにて開催される大きなイベントを目標にいよいよ買い付けがスタート致します

 

AMSTERDAM/BERLIN 

初めて行くビッグフェアーは外れる事も多々!!

かと言って同じ所ばかりを回っても当然仕入れもマンネリ化していくばかり

ギャンブルフェアーと手堅い所を経験で組み仕入れの目標をクリアしていく

日々、一気一憂しながら欧州の旅は続くのです

 

屋外のビッグフェアーは天候に左右される事も多々

この日は待ち望んでいた快晴へ

新たなディーラーさんとの出会いも、不安定なハンティング業にオアシスを頂きます

 

BERLIN CITY

日常的な風景が何故ここまで絵になってしまうのだろうか

ミッテから少し北に足を伸ばしたエリアがとても好きでしたが、近年南東部のノイケルンエリアも特に飲食が素敵な店が増えてます

次回は滞在時、ここら辺にホテルを取り近隣で夕食を存分に楽しみたい所ですが、ホテルが少ないんですよねー

 

 

DINNER TIME IN GERMANY

美味しい物を食べる事は大好き!

久しぶりに食レポしましょう

移動がタイトで、食事もロクに取れない日々が続き、この日は十分時間を取って外食をしようと喜び勇んでドイツお馴染みのビアホール兼レストランへ

この重厚感溢れるファサードがまた何とも言えません

何と言ってもビール好きの国民

奥、見えますか??

12本位ラインがあるのですが、全てこの地方の醸造所が製造している生ビールなのです!!

白、ラガー、エール、黒、はたまた25%程のアルコールを持つビールなど

兄ちゃんも『あれは良いぞ、次はこれを行っとけと』メインの夕食に備え、演出してくれます

海外ならではの雰囲気を楽しみつつ『あれでもない。。。これでもない。。。。』

肝心のディナーメニュー選びに40-50分費やす。。。。

この日は気温が冷え込み昼食も取れず外を歩きまわり、本当に美味しく暖かい夕食が食べたくて、どうしても失敗したくなく熟考。。。。

普段全く使わないドイツ語の辞書まで持ち出して、メニュー解析に一つ一つ時間をかけ失敗しないイメージを描く。。。。

イメージを描き、描き、肉も野菜もしっかり食べたい!遂に答えを出す

わたし的な解釈はジュージュー煙を上げながら運ばれてくるであろう『グリル温野菜、その上か横に2種のグリルしたジャーマンソーセージ盛り合わせ』付け添えにポテトサラダ

もう想像だけでヨダレをもうこぼしてしまいそうなイメージを今一度しまいこみ、ドリンクもメインに合わせドイツ産の赤ワインにスイッチ

さあさあ、来たよ、来たよ

孤独な一人旅、自分にご褒美を与えられる至福の時

『ボナペチ!』の掛け声と共にサーヴされた物はコレ!!

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

ファッッ!!!!??? 

ン???

ンンン!!???

エ。。。。?

ハ。。?? ム。。。。?????ピンクネ???

??????イヤ、パス。。。タ。。。。

ホカホカの焦げ目がしかと付いたブラウンからしっかりと冷気を上げたピンク色の現実

41年生きてきて初めて目にするピンク色のスパゲティを目の当たりにして状況が整理出来ません。。。。

やってしまったようです。。。。

絶対落とせない勝負を完全に落としてしまいました。。。。。

落とし穴、まず1つ目

ヴルストと言うドイツ語があるのですが、私はまさかこの単語にハムもインクルードされているとは露にも疑わず

ヴルストと言えば絶対的にソーセージ、ウインナーだった筈。。。。。。。

ドイツ渡航歴13年の私が言うからには。。。言うからには。。。。ドイツ語の辞書もあんなに、あんなに見たのに。。。。

落とし穴、まず2つ目

仕組まれたワナ説??

食べ物がサーヴされてのビックリリアクションを楽しんでいるのか、定かではありませんが

どう見てもハムと野菜で前菜なのにしっかりとメインメニューコーナーに書かれていた事

バーガーとかシュニッツェルの次とかに書かれてるんですよ!!

この流れであればどう考えてもグリルドジャーマンソーセージをイメージするしかないでしょう

ドイツにはこの様なメインメニューが存在する??

ドイツ人は夜もハム食べる?? ハムは朝でしょ!!

ハム数本食べて下げてもらって本当のメインを追加発注しようと思いましたが、しっかり完食してしまいました。。。。涙

ちなみに周りを見回した所、このメニューを食べてるのは左も右も私だけでした。。。。

『ダンケ』のみの会話で13年渡航を続けて来た自分に痛すぎる洗礼、人生は一生勉強なのですね

どうか極限状態の空腹時に

バーガー、シュニッツェルに流れ安易にストライクを取りに行かず、ここでのバイイングも勝負してる私にどうか清き一票を。。。

 

LOVE VINTAGE STUFF

最後は、愛するビンテージスタッフ達の脇役のストーリーを

エイメク、ブラウベルグスタッフ達がお気に入りのビンテージスタッフ達をwebやインスタでアップを日々してくれております

私的には一番発掘感があるのが実は、インテリア物や什器、雑貨のラインなのです

画像に挙げたオールドバスロール

一日仕入れをこなし、ヘトヘトになった身体に鞭打って最後の一件

2Fから垂れ下がる、8M級のバスロールを発見した時はまさにガッツポーズ

什器とは。。。。

私的には什器こそ全て。。。。

皆様にはピンとこないワードと思いますが、ショップとは什器と空間が5割を決める。。。

15年経過してもブレる事ない持論、商品を魅せるには大きな一番を左右するワードなのです

6割のユニセックスアイテムと4割のレディースで構成するエイメク、ブラウベルグのアイテムを引き立たせるには、このアイアンとウッドの組み合わせは黄金比なのです

ふとマーケットを回っている最中目についたアイアン。。。。

もう什器は買うな!と釘を刺されているので

通り過ぎたもの、足をリバースギアに入れ戻ると財宝が。。。。。

ナンバー入りのフックのハンガー、更にベンチまでセットで付いてる。。。

こちら、本当に珍しい1品なのです、表現するなら正にビンテージアイアンが表現する黒いダイヤモンド

『アイリッシュのコートやウールコートを無造作にかけて、最高の革靴をベンチに置いたらどんなに素敵だろうか。。。』

『いや、レザーバッグか。。。。それともMEKUバッグか。。。。』

もうその時点で車に収納出来るのか? どうやって日本に送るのか?など頭にありません

ブラックダイヤクラスは早々出ない事もインプットされているので、後先考えず購入してしまうのです。。。

悲しい事に自分の車には入らず

輸送過程のストレスで自分の首をしめてしまい、旅をしながら輸送に向けて考えられる手段を繰り出していきます

 

 

無事エイメク2Fに到着

時代背景など多様に絡みながら派手さを売りにする私達物売りとは対比に、地味に生産を真摯に続けてきたであろうブランド、商品達

私達が什器、空間を経由し最高の形にてお客様に紹介出来る形を作り上げてこそ初めて恩返しが出来たと思えるのです

EIMEKU

EIMEKU

 

BLAUBERG an der KÜSTE

BLAUBERG an der KÜSTE

 

よくよく目を凝らしてもらえると、普段snsやwebでは紹介しきれないストーリーを持った商品達がエイメク、ブラウベルグには沢山隠れていています、商品以外にも地味ですが活躍しているビンテージ達の小さなストーリーでした 

 

kodaira